福島県郡山市の歯医者 藤田歯科医院|歯周治療 インプラント 矯正歯科 義歯 ホワイトニング むし歯予防 小児歯科 審美歯科 顎関節症治療

郡山市の歯医者 藤田歯科医院
福島県郡山市の歯医者 歯科 藤田歯科医院 福島県郡山市安積町日出山字大洲河原7
024-943-6680
bar
トップページ Top Page 医院案内 Clinic Guide スタッフ紹介 Staff 治療内容 Contents 院長コラム Column お問合せ E-mail スタッフ募集 Recruit
bar
診療科目
インプラント
歯周治療
矯正歯科
義歯
ホワイトニング
審美歯科

藤田歯科医院 アクセスマップ

治療内容

歯科医師として38年の臨床経験を生かして、真摯な態度で患者さんと向き合っていきます。

歯科に対するイメージは、「いたい」、「こわい」、「待たされる」など患者さんにとってどうしてもマイナスイメージが先行してしまうようです。歯が痛み、おそるおそる歯科医院で受診し、予想していたとおりの痛い思いをし、またまた自分にとって歯科に対するイメージを悪くするといった状況が多いのではないでしょうか。歯科医の立場から考えても、患者さん誰もが痛みがなく笑顔で満足して診療室を出て行かれることを心から願っているのは当然です。

私は、歯科医師として38年の臨床経験を生かしてこれからも真摯な態度で患者さんと向き合っていきたいと考えております。

毎日の診療で患者さんとの信頼関係をどのように築いていくかが、最も大切なことだと思います。その為にまず、患者さんの訴え(主訴)をよく聴く、現在の悩みを取り除くことに全力を尽くす。一人一人の患者さんの歯に対する考え方、歯科治療に対する希望などを理解するように努める一方、早期に治療する場合や、そのまま放置した場合などの健康面での影響について、専門的な立場から、説明する義務があると考えます。

例えば、1本の歯を失った場合、歯科治療の方法は3通りあります。
入れ歯を入れる、ブリッジを入れる、インプラントする。以上の三つの治療法が考えられます。どれも長所、欠点があります。歯を削るか削らないか、取り外すのかどうか、歯にどれだけの負担がかかるものなのかどうか、期間はどうなのか、保険がきくのかどうか、等など患者さんにとって不安なことばかりだと思います。

患者さんによく説明し、内容を充分理解していただき、最終的に患者さんにとって最善の治療法を選択していただくように心掛けています

歯周治療(歯槽膿漏の治療)に力を入れています。

私が最も力を入れているのは、歯周治療です。一般的には歯槽膿漏といわれている病気の治療です。歯周病はかなり進行するまで自覚症状のないのが特徴です。この疾患の恐いのは、ひどくなると歯を支えている顎の骨が溶けてぐらぐらになり歯が抜けてしまうことです。歯周病の原因は口のなかの細菌がおもなものです。それに生活習慣や栄養面の問題などが関与して慢性疾患として静かに進行していきます。つまよう枝の先についた歯垢には、なんと一億個の細菌が存在しているそうです。歯と歯肉のまわりに歯垢や歯石が付着していない人はまずいません。

歯周治療の基本は、なるべく初期の段階で定期的な歯周検査と歯垢、歯石の徹底的な除去(クリニーグ)の繰り返しです。そうすることによって口のなかの細菌の数を常に少なく保つことができ、歯周病の進行を予防することができます。

近年、歯周病と全身疾患とのかかわりについて学会だけでなく、マスコミなどでもいろいろと話題になってきました。

歯周組織(歯の周囲の組織)を健康に保つことにより、入れ歯、冠、ブリッジ、インプラントなど人工物の長期の予後が可能になります。また最も大切なことは、いつまでも自分の歯で美味しく食事ができ、楽しい会話ができることは、全身の健康の源であると同時に皆さんの人生にとって最大のいきがいではないでしようか。

あなたに将来、後悔してほしくありません。QOL(生活の質)を高める人生を送ってください。

定期的に歯周病のリコールに応じて来院される患者さんには、自分の健康は自分で守るという姿勢が伝わってきて、ほんとうに敬意を感じますとともに、ホームドクターとして多くの患者さんと一生のお付き合いをしていきたいと思います

定期的に事業所で歯科健診をする機会がありますが、なかには、むし歯や欠損をそのまま放置したままの人がいます。その都度早めの歯科治療を勧めるのですが、理由を聞くと、なかなか時間がなくて、という返事が多い。この人はおそらく歯の痛みに悩まされたら歯科治療を受けたでしょう。しかしながら実際は痛みを感じることなく自分なりに結構なんでも食べられる為に、治療の必要を感じていてもついつい、時間がなくてという表現になるのでしょう。歯の2〜3本無くたって人の生き死に関係ないといってしまえばそれまでですが、今気をつけなければ将来大きな付けがまわって後悔してほしくありません。

QOL(生活の質)という言葉を聞いたことがあると思いますが、歯と口の健康は直接人の生き死に関係ない故に、このQOLの向上に大変重要な役目をもっているとおもいませんか。

私は大学を昭和54年に卒業して4年間、仙台の開業医のもとで勤務医として臨床の経験を積み、昭和58年郡山の当地で藤田歯科医院を開業しました。以来23年が経過し現在に至っております。私が大学時代に習ったむし歯の治療法は、患部はなるべく大きな範囲で除去する「予防拡大」という概念を教えられずっと、その考えを基本に診療してきました。

しかしながら、この方法だと歯を削る量が多くなり、治療後歯がしみたり痛みを訴える患者さんが多いという結果がわかってきました。また歯を削る時は麻酔をする事が多いのも患者さんにとっては苦痛なのではと考えるようになりました。今では、ほとんど麻酔をしないで、できるだけ歯を少なく削るように心掛けています。また以前は金属を詰めることが中心でしたが現在は、金属の代わりにほとんど白い材料で充填しています。

まず、患者さんの今最も悩んでおられる訴えを解決するために全力を尽くします。

藤田歯科医院ではまず、患者さんの今最も悩んでおられる訴えを解決する為に全力を尽くします。その後患者さんが自分の歯と口の健康について、希望することに関して納得がいくまで話し合い、患者さんが満足できる治療方針を決定しております。結果として患者さんが、美味しく食事ができ、楽しく会話をかわすことができるようにしてあげることが藤田歯科医院の使命だと考え日々診療しています。
大切なかけがえのない自分の歯を、健康な状態で残していくために患者さんを専門的立場からサポートし、患者さん自ら疾患の予防に積極的に取り組んで頂けるようにしていくことが歯科医師の務めだと思います。

歯の2大疾患と言われているのは、むし歯と歯周病です。

歯は歯周組織といわれる歯肉、歯根膜、歯槽骨などによって支えられています。歯肉が不健康で噛み合わせが悪ければ、歯周病になる危険がたかまります。歯周病はほっておけば、静かに進行し最悪の場合、歯の周囲の歯周骨が溶けてグラグラになって抜けてしまう病気です。むし歯のようにある場所が悪いのと異なり、全体の歯の周囲が破壊されていくのが、歯周病の恐ろしいところです。

当院では、歯周病の予防と治療に力をいれています。
歯周病の予防には、ホームケアとオフィスケアがあります。ホームケアは、家庭での歯ブラシを中心とした口腔清掃と正しい生活習慣が大切です。オフィスケアは、定期的な検査と専門的な歯の周囲のクリーニングなどが主な治療です。


bar
リンク集01/02/03/04/05/06 福島県郡山市安積町日出山字大洲河原7
TEL:024-943-6680
Copyright (C) 2009 Fujita Dental Clinic All rights reserved.
website produced by『わははねっと』